● 若き日の西崎義展 ●
  吹けもしないセルマーを毎日持ち歩き、冷戦下のドイツ、アメリカ兵が集まるバーで雑用係りをする日本人がいた。
 この冷戦最前線では、アメリカ本土でいまだに続いていた人種差別も無く、黒人兵も白人兵も、同じビールを飲みながら流れるジャズに癒されていた。
 雑用係の彼は、なんの目的も見出せないまま地球の裏側まで来てしまったが、アメリカ兵と共に聴くジャズの音色には、いつも心を奪われていた。
 
 司会の仕事も回ってくる。我流の癖のある英語で話す彼の姿は、彼らにどのように映っただろう。
 そうした中でも、彼は、ショービジネスとは何かという事をこの海外で学び、西洋人と東洋人の精神的違いを知り、音楽にはその精神的違いが無い事を学んだ。


 昭和9年(1934年)12月18日、東京小石川に彼は生まれた。
 「さらば」の頃のデータによれば、身長180cm、78kg、胸囲100cm、ウェスト88p、視力右2.0・左0.7、血液型はO型。
 祖父は薬学博士の西崎弘太郎氏。タカジアスターゼなどの研究に従事し、当時の東京女子薬専の校長を務めた。祖母は「鹿鳴館の名花」と言われた綾乃さん。戦前の雑誌などに礼儀作法についてなどの執筆がある。
 父は当時の日本特殊鋼の役員などを務めた正氏。母は秋子さん。正氏の妹は日舞の西崎流・初代西崎緑さんである。
 義展、本名弘文は長男として生まれ、弟に隆二郎氏、姉に陽子さんがいる。

 「東大以外は学校に非ず」の厳しい家庭にありながら、開成中学の受験に失敗したり、親に乞食呼ばわりされる「文学座養成所」に入るなどし、親と子の関係はギクシャクしたものがあった。
 そんな事もありあまり家にも居すわらず、家出同様の事をしたり、当時から自由奔放な事を繰り返していた。
 映画館に通いつめ、同じ映画を1回目は字幕を見ながら、2回目は字幕に少し目をやりながら、3回目は字幕を見ないで英語までマスターしたり、外に出れば名家の息子の肩書きも手伝ってか、女性にも非常にもてた。


 名家のレールに乗ることを嫌った西崎氏、それには、彼なりの理由があったからだ。
 彼の目線は、日本の伝統文化だけではなく、戦後の日本に訪れた変革の荒らしの中に希望や興味を見つけ出したのだ。


website TOP

SUB MENU



西崎義展とは
どんな男だったのか?


西崎義展
 彼を一度でも見たことがある人物なら、その存在感の大きさを感じただろう。
 
 まさに『カリスマ』との言葉がピッタリな人物である。
 彼が活躍した時代は、「カリスマ」の時代でもあった。
 弱肉強食、変化も大きいが、時代にのればヒーローに簡単になれた時代。
 そんな時代に彼は生きていた。
 
 そして1974年、彼の生み出した「まんがアニメ」は、40年近く経った今でも語り継がれる名作となり、現在日本のサブカルチャー形成までに影響を与え、時代を動かしている。
 
 アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が不変の名作に成りえたのは、「カリスマ」西崎義展が存在したからだ。


 その西崎義展とはどんな人物だったのか?
 彼の才能は何処で培われてきたのだろうか?
 それを語っていきたい・・・。