航海日誌


 2018年2月4日(日)  人それぞれ
考え方。
当然だけど・・・。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00000029-it_nlab-ent
これも考え方の違いだよな。
ヤマトのファンクラブも同じようじゃなかったかな?今のね。。。

見もしないから現状は分からないけど、プレミアム会員とかは典型的な差別化だし、運営当初の“使ったお金”の額に対する差別化もあったよね。

個人的には、その“特別な枠”にいる知り合い数人の素顔を知るだけに、彼ら彼女らの若き日の苦労は大人になり花開いている・・・そんな思いであり、当然のご褒美だと思うので差別化は否定しない。
少なくとも、私などと比べればはるかに努力をしてきた方々だ。
その方々と趣味レベルを同等にするのは失礼だ。


いつものように変な方向に話が・・・。
考え方の違いといえば、先日「組体操」についても私と職場関係の人とで違っていた。
彼は「今まで努力してきた成果をみせる場の組体操。危険だから止めるというのは、今までの努力を否定するものだ。」と言っていた。

なるほどである。

でもこれも多々ある意見の相違と同じで『かみ合わない』論議である。
そもそも反対派の私は、「努力」を否定していない。
「組体操」の何が“教育”なのか?を言っている。
何かやったことに価値があるのか?
痛く辛い思いしか私にはない。
こんな事させるなら、辛く嫌な長距離走でもさせて、身体機能を高めればいいと思うのだ。
「組体操」は、ただの“みせもの”である!

人それぞれ・・・。

CGI-design 2004-2018 TTB/9rooms