航海日誌


 2018年1月21日(日)  樫本大進
今日は家族で中央高校の演奏会に行ってきた。
残念ながらヤマトは無いが、キャンディーズの曲には感動したよ!オレしか分からなかったが・・・(汗)

夜、PCで作業しているとリビングからクラシックが流れてきた。メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲だ。
まあただのBGMなんだが、ちょっと耳をすますとそのメロディ、よどみがなく実に美しい。
気になってリビングに行くと、ソリストは樫本大進さんではないか!
速攻PC作業を止めて、音楽鑑賞。。。

クラシックには詳しくはないが、樫本大進さん、今、日本で最高の評価を受ける人物のひとりであるのは間違いない。
アンコール曲の繊細さも素晴らしかった。
思わず拍手!!

お風呂上がりの娘が「何何??」と突っ込みいれてきたよ。。。


父親の暴力
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180121-OYT1T50033.html
私は“意味ある”親から子への暴力を否定はしない。

今まで手をあげなかった父親が、民族差別発言をしたとたんにぶんなぐってきて、差別発言をされた人に謝罪した・・・そんな著名人の話しを聞いたことがある。

素晴らしい父親像だと思う。
肉親だからできる鉄拳制裁、私は肯定する。

しかしである、私の家庭は違った。
私の母親、姉二人、意味のない、父親の傲慢で身勝手な暴力に耐えてきた。
だからリンク先の少年の行為、完全に否定することはできない。

私は私の父親を憎んではいないが、人として尊敬などしていない。

CGI-design 2004-2018 TTB/9rooms